WAT

0789652828

WATの取組み

お客様の満足は、徹底した品質保持と迅速対応。そしてドライバーの笑顔から!
食品をメインに取り扱っているWATでは、運搬する商品の品質保持に対する意識の向上と、培われた経験をもとに工夫することを第一に考えております。
更に集荷から配送までに出会う方々への笑顔のご挨拶は欠かせないものとしています。

運輸安全マネジメント

1.輸送の安全に関する基本方針
(1)経営者は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たす。また、現場における安全に関する声に真摯に耳を傾けるなど現場の状況を十分に踏まえつつ、社員に対し輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させる。
(2)輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善を確実に実施し、安全対策を不断に見直すことにより、全社員が一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全性の向上に努める。
また、輸送の安全に関する情報については、積極的に公表する。
2.輸送の安全に関する重点施策
(1)輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令に定められた事項を遵守すること。
(2)輸送の安全に関する費用支出及び、投資を積極的かつ効率的に行うよう努めること。
(3)輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置又は、予防措置を講ずること。
(4)輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達、共有すること。
(5)輸送の安全に関する教育及び、研修に関する計画を策定し、これを的確に実施すること。
3.輸送の安全に関する目標
令和4年1月1日~令和4年12月31日
(1)重大事故ゼロ  (令和3年 重大事故 0件 目標達成)
(2)事故件数(有責)前年比20%減(令和3年 有責事故件数 23件 目標未達)
4.輸送の安全に関する計画
(1)全営業所のGマーク(安全性優良事業所)取得済み 継続すること
(2)定期的な安全講習会の実施
(3)100%対面点呼、運行前点検の100%実施
(4)高齢社員の適齢検査の実施及び、適齢健康診断の実施(動脈硬化リスク軽減)
(5)運転記録証明書を全従業員分を年2回取り寄せ、無事故・無違反表彰制度及び、安全教育に活用
(6)無事故・無違反カレンダーを用いて、各営業所において目標の進捗をはかる
(7)全従業員の適性診断の実施及び、結果を協議する
5.自動車事故報告規則第2条に規定する統計
令和3年 0件
6.社内組織
次に掲げる者を選任し、輸送の安全の確保について責任ある体制を構築し、輸送の安全を確保するための企業統治を的確に行う。
(1)安全統括管理者
(2)運行管理者
(3)整備管理者
(4)その他必要な責任者
7.事故、災害等に関する報告連絡体制
事故、災害等が発生した場合における当該事故、災害に関する報告連絡体制は次に掲げる。

経営者→←安全統括管理者→←運行管理者・所属長→←各ドライバー
8.輸送の安全に関する内部監査
(1)安全統括管理者は、自ら又は、安全統括管理者が指名する者を実施責任者として、安全マネジメントの実施状況等を点検するため、少なくとも一年に一回以上、適切な時期を定めて輸送の安全に関する内部監査を実施すること。
(2)安全統括管理者は、前項の内部監査が終了した場合はその結果を、改善すべき事項が認められた場合はその内容を、速やかに、経営者に報告するとともに、輸送の安全の確保のために必要な方策を検討し、必要に応じ、当面必要となる緊急の是正措置又は、予防措置を講じること。
9.輸送の安全に関する記録の管理等
輸送の安全に関する事業運営上の方針の作成に当たっての会議の議事録、報告連絡体制、事故、災害等の報告、安全統括管理者の指示、内部監査の結果、経営者に報告した是正措置又は、予防措置等を記録し、これを適切に保存する。

安全への取組み

安全講習でプロドライバーも初心にかえる

「慣れ」は大敵!
安全講習会で出会う仲間たちとのコミュニケーションも、それぞれのエピソードなどの大切な情報交換の場となります。終礼、安全ミーティング等で事故撲滅、安全安心納品の心得を再確認!

安全運転診断講習

運行前点検
日々の点検で、トラックの健康チェックを!
ドライバーの安全確認-運転前後の点呼・飲酒チェック
出勤・退社時はルールに則り飲酒チェックを行うとともに、対面点呼で日々の体調確認を行い、元気な声で挨拶から心がけています。
ドライブレコーダーの装着
ドライブレコーダーを全車輌に取り付け、運転技術の向上・問題発生時の確認・運転記録の可視化に対する意識の向上を目的とし、ドライバーの安全運転確認・運転意識、緊急時の状況確認や対応の向上を図ります。